日本的捕鲸问题及遭受批判的原因

2020-07-19  阅读次数:

  日本の捕鯨問題が他国に批判される原因-太地町を中心に[日语论文]

  摘要

  近年来,日本的捕鲸问题一直都是国际上的热议话题。2009年上映的电影《海豚湾》更是吸引了人们的关注。鲸鱼作为地球上最大的生物,从鲸鱼肉到鲸鱼的油在过去都能带来巨大的经济效益,但随着时代的发展,这些东西都能找得到替代品,捕鲸活动还有持续下去的必要吗?有很多人认为吃鲸鱼与吃猪肉、牛肉、鸡肉没有区别,鲸鱼与家畜之间真的没有差异吗?捕鲸的赞成派与反对派,他们各自的观点是怎样的?本论文将以被称为“鲸之町”的地区——日本和歌县太地町为研究中心,探讨日本遭受批判的原因。

  关键词:捕鲸;太地町;追赶捕法;家畜;动物福祉

  要旨

  近年、日本の捕鯨問題は世界中においても熱い議論になっている。2009年に上映した映画「ザ·コーヴ」は再び皆の関心を引き寄せた。クジラは地球で最も大きい生物として、鯨肉から油まで多大な経済利益を得られる。しかし、時代の流れと伴って、そういったものは代替品が現れた。捕鯨活動は続ける必要はあるだろうか。多くの人がクジラ肉を食べるのは豚肉や、牛肉や、鶏肉を食べるのと一緒だと思っているが、実際、クジラと家畜とは変わりはないだろうか。捕鯨の賛成派と反対派はどんな主張を持っているのか。本稿では「クジラの町」と呼ばれる地域——日本和歌山県太地町を研究中心として、日本が批判される原因を検討したいと思っている。

  キーワード:捕鯨;太地町;追い込み漁;家畜;動物福祉

  image.png